こんにちは、ラヴィアンローズです。

最近、歯が染みて痛みだしたので、15年以上ぶりに意を決して「歯医者」に行ってきました。
きっと虫歯がたくさんあるのだろうと思い、覚悟のうえ行ってみたら・・・

「虫歯は特にないですよ、歯並びもきれいですよ。」と言われ、「えっ!」と拍子抜け。
しかし次には、「ただ歯茎が痩せて、歯に亀裂もありますよ。だいぶ噛みしめてますね。」

噛みしめてる?
そんな自覚のなかった私に先生が教えてくれたことは・・・

・噛みしめている事に気づく
・頬や肩の力を抜いてリラックスする
・ストレスをため込まない

さっそくできることから実践してみました!
すると、何かに熱中して取り組んでいるとき、トリートメントしている時など、意識してみるとよく噛みしめている事があったのです。

起きている日中などは噛みしめに気づき力を抜く、ということはできるようになりました。
しかし、問題は眠っているときです。

気づくことも難しいですよね・・・。

そうなるともう自己暗示なのだそうです。
「リラックス、リラックス」や「噛みしめないぞ。」と唱えるのです。

なかなか難しいのですが、意識してリラックスして顎を緩める事で噛み締めを治す方法が一番だと言われました。

ここで活躍するのがエッセンシャルオイル、アロマの香りです!

実際に寝る時にアロマの香りを漂わせると・・・ゆったりといつもより深くリラックスして眠れて、噛みしめもなくなってきているように思います。

朝、顎が痛かったり、疲れていたりする事もあったのですが、全くなくなりました。

好きな精油、香りを少しティッシュに垂らして枕元に置くだけでいいのです。
とても経済的で簡単です。

仕事中もパソコンに向かって歯を食いしばっているとき、首や肩の力を抜いて、ハンカチやティッシュに垂らした精油の香りを嗅いでほっと一呼吸してください。
それからもう一度仕事に向かってみてください。

噛みしめもなくなり、息詰まっていた仕事もスムーズに進むかもしれませんよ!

そして時にはトリートメントを受けて、全身リラックスしていただくのもいいですよ~。
ホットペッパービューティー

歯や歯茎をいつまでも健康に保つ為に、アロマセラピーで心身をリラックスさせましょう(^^)